• About Pikkolo ピッコロについて
  • Item List 商品一覧
  • How to Use ピッコロ使い方
  • Users Voice お客様の声
  • Shop List 取扱店一覧

対面抱き

ピッコロ本体の背中当ての表側(柄がある場合には柄の面)を下にして背中でウェストバックルを留めます。もし、赤ちゃんのおしりが乗る部分の幅を調節したい場合には、ウェストバックルを留める前にストラップで調節してください。

自分のお腹と赤ちゃんのお腹がくっつくように対面にだっこして、赤ちゃん足を開いてピッコロ本体に座らせます。

赤ちゃんの背中にピッコロ本体の背中当てを被せて、ショルダーストラップを肩にかけ、反対側の脇の下にあるバックルに留めます。 (注:ショルダーストラップを背中でクロスする事もできますが、同じ側のバックルで留めて使うこともできます。)


もう片方のショルダーストラップも同様に、背中でクロスさせて反対側の脇の下にあるバックルに留めます。 (注:ショルダーストラップを背中でクロスする事もできますが、同じ側のバックルで留めて使うこともできます。)

赤ちゃんのおしりの下やふとももの後ろにに余分なスペースが空いたり、たるんだりしないように確認します。赤ちゃんが安定して座っているかを確認します。

2WAYバックルのため、ストラップは前でも後ろでも調節できます。調節しやすい方を調節してちょうどいい長さにしてください。


ストラップを調節する際には、片手で赤ちゃんを少し持ち上げて調節するとバックル部分の滑りが良くなって簡単に引っ張れます。

後ろから見ると写真のような感じになって、完成です。


前向き抱っこ

最初に、赤ちゃんの股の部分にくるピッコロ本体の幅を調節します。赤ちゃんの足が適度に出せる程度に幅を狭めますが、太ももを支えられるくらい(赤ちゃんの足がだらんとし過ぎずにある程度腰掛けポジションが取れる幅)にしておきます。

ピッコロ本体の背中当ての表側(柄がある場合には柄の面)を下にして背中でウェストバックルを留めます。

赤ちゃんをだっこし、赤ちゃんの背中を自分の胸にあてます。赤ちゃんの股の下からピッコロ本体の背中当てを持ってきます。


ショルダーストラップを肩に掛け、反対側の脇の下にあるバックルに留めます。もう片方のショルダーストラップも同じように肩に掛け、反対側の脇の下にあるバックルに留めます。 (注:ショルダーストラップを背中でクロスする事もできますが、同じ側のバックルで留めて使うこともできます。)

写真のように、赤ちゃんの腕を完全似中に入れてしまってもいいです。

あるいは、ピッコロ本体の上から腕を出しても大丈夫です。


ヒップ抱き

ピッコロ本体を腰で留めます。この際に、片方どちらかの腰の横に背中当てが来るようにもってきます。

赤ちゃんを腰のあたりで抱っこし、赤ちゃんの足を開いて自分の腰に座らせるようにします。

ピッコロ本体の背中当て部分を赤ちゃんの背中にかぶせて、自分の正面にくるショルダーストラップを反対側の肩に掛けます。


肩に掛けたショルダーストラップを反対側の脇の下にあるバックルに留めます。

もう片方のショルダーストラップを自分の腕の下から背中に下の方を通って反対側の脇の下にあるバックルに留めます。この時、赤ちゃんの腕はショルダーストラップの上から出ています。ストラップを調節して、赤ちゃんとぴったり密着するようにしてください。


おんぶ

おんぶは5-6ヶ月過ぎ位からできます。初めておんぶするときはソファなどを使ったおんぶの仕方から始めてください。ショルダーストラップが肩からずれ落ちるのを防止するためのチェストストラップを使う場合には、最初にはめてください。ショルダーストラップを同じ側のバックルに留めて、長さを調節します。

ピッコロ本体の背中当ての表側(柄がある場合には柄の面)を下にして背中でウェストバックルを留めます。

赤ちゃんを抱き上げて、ピッコロ本体に座らせます。


前かがみの状態になりながら、ピッコロ本体ごと赤ちゃんを背中に担ぎます。

赤ちゃんを背中の中心まで持ってきたら、ショルダーストラップをひとつずつ肩に掛けます。

安定した状態で、ストラップの長さを調節します。2WAYバックルなので、前後両方で調節ができます。


写真のように、赤ちゃんの手はピッコロ本体の中に入れてしまってもいいです。

あるいは、ピッコロ本体の上から出してもいいです。チェストストラップを使用する際には、最後に留めてください。


ソファ等を使ったおんぶ

ショルダーストラップを同じ側のバックルに留めて、長さを調節します。ピッコロ本体の背中当ての表部分(柄がついていれば柄の面)を下にして平らで柔らかなベッドやソファなどの上に置きます。赤ちゃんの足がウェストストラップより上にくるいちで寝かせます。

赤ちゃんとピッコロ本体の前に座り、ピッコロ本体の表部分(柄のがついていれば柄の面)が自分の背中に当たるようにウェスト部分を折り返して正面でバックルを留めます。

後ろに寄りかかりながら、片方のショルダーストラップを肩に掛けます。


もう片方のショルダーストラップも肩に掛けます。

両方のショルダーストラップを持ち、赤ちゃんを持ち上げてピッコロ本体に入れます。

立ち上がった後、赤ちゃんのおしりと足の下に手を入れて、余分なスペースが空いていないか、布がねじれていないかなどを確認して、赤ちゃんが心地よい状態で座れていることをチェックします。


必要であれば、チェストストラップを留めます。

これで完成です。


新生児抱き

新生児の場合には、スリーピングフードを三つ折りにして、赤ちゃんの首と頭の後ろを支えてあげるヘッドレストを作ってあげると安心です。写真を参考にしてください。

本体下側のストラップを調節して、新生児から足を出すこともできますが、この写真のようにカエルさんのようなM字ポジションをキープして股関節に負担が少ないように座らせてあげることもできます。


サポートベルトの使い方

まず、腰バックルを受け側、差込側と両方外します。

サポートベルトの内側がポケットのようになっており、両端は筒状になっています。ここに腰ベルトを通していきます。

腰ベルトを内側のポケットに入れ、端の筒状の所に通していきます。


ベルトと全て通すとこのような形になります。

もう片方の腰ベルトも同じようにしていきましょう。

両方の腰ベルトをサポートベルトに通したら、ピッコロ本体の底の部分をサポートベルトのポケットの中に納めます。


腰バックルを元に戻します。
※バックル取り外しの際はバックルの向きにご注意下さい

前から見るとこのようになります。

全体像はこのようになります。


サポートベルトの使い方

ピッコロベビーキャリーには、付属品として小さなベルトが入っています。こちらが補助ストラップになります。

肩のショルダーベルトのバックルを両方外します。

補助ストラップの両端に、肩のショルダーベルトをそれぞれ通していきます。


ショルダーベルトの太さにあわせて、補助ベルトの通し口の大きさも調整しましょう。

ベルトを通すとこのような形になります。

補助ベルトの位置・長さ等を体型に合わせて調節していきます。


抱っこの際は補助ベルトは背中になります。
※抱っこの際は補助ベルトは肩甲骨付近につけることをお勧めします。

おんぶの際には、補助ベルトは前にきます。


topへ戻る